概要


京都大学原子炉実験所は、原子炉による実験及びこれに関する研究を
行うことを目的として作られた、全国の大学.研究所の研究者のための
共同利用研究所です。
主な設備は、熱出力5000kWの研究用原子炉をはじめ、臨界集合体
実験装置、電子線加速器、ガンマ線照射装置のほかに、さまざまな研究を
行うための装置が原子炉棟ホットラボラトリ、トレ−サ棟ラボラトリ、研究棟
などにもうけられています。
年々、実験研究の高度化に伴い、高精度の機器や設備が必要となり、また
それらをきちっと維持管理、整備していかなければならない。これらのことを
効率よく行うために、’95年の改組に伴い教官及び技官で組織された
実験設備管理部が誕生した。
その後、年々増え続ける機器などの維持管理に精力的に取り組んでいる。



炉室内全景